FX比較ナビトップ FXキャンペーン情報 FXサービス一覧 FXこだわり検索 FX用語集 クレジットカード比較 住宅ローン比較
ホーム > FX用語集

FX用語集

FX取引を行うにあたっては、覚えなければならない専門用語がたくさんあります。最初は大変かも知れませんが、用語を知らないままにしておくと、損益に大きく影響することもありますので、知らない用語が出てきたらそのままにせず、地道に一つ一つ調べていくようにしましょう。

あ行
アスク
プライスを提示する側の売り値のこと。
IfdoneOCO注文
イフダンオーシーオー。初めの注文(原注文)が約定すると、そのポジションに対する2つの反対売買(予約注文)が自動的に発注される注文です。新規ポジションを保有と同時に決済の指値と逆指値を自動で発注することができるので、常時相場を確認することなく、「利益確定」もしくは「損失限定」(ロスカット)を可能とします。
IFdone注文
イフダン。初めの注文(原注文)が約定すると、そのポジションに対する反対売買(予約注文)が自動的に発注される注文方法です。新規ポジションを保有し同時に決済の指値(逆指値)を自動で発注することができるので、常時相場を確認することなく、「利益確定」もしくは「損失限定」(ロスカット)を可能とします。
OCO注文
指値と逆指値を同時に出し、どちらか一方が約定した場合に、もう一方が取消される注文方法です。現在のレートに対して指値と逆指値の決済注文を同時に出すことで、損益幅を限定させたい場合などに有効な注文です。
オーダー
注文のこと。注文には、指値注文/逆指値注文/オー・シー・オー(OCO)/イフ・ダン(If Done)/アイ・エフ・オー(IFO)などの種類があります。
OTC
Over-the-Counter transaction。相対取引。外国為替取引における通常の取引形態。 取引所を介さない取引全般をOTCと呼びます。
オファー
外国為替取引におけるレート提示側の売り値、売り気配値。応じる側(顧客)にとっては買いレート。2wayでの価格表示の際の高い方のレート。アスク(Ask)とも言う。買い気配値はビッド(Bid)。
か行
カバー
自分の持ち高を精算する方向で外国為替の売買を行うこと。買ったポジションを売ること。売ったポジションを買うこと。
為替
振込や送金で債権や債務の決済を行う業務。現金を輸送することなく、支払いや受け取りをすることで債権債務を決済すること。外国為替は決済が国境を越える場合をいう。
為替差益
為替相場の変動によって生じた利益のこと。また為替相場の変動によって生じた損失を為替差損と呼びます。
外国為替
外国の通貨、あるいは異なった国の通貨を交換すること。 2つの国の通貨を交換するときの比率(レート)を「為替レート」と呼びます。
期日指定注文
期日指定注文とは、新規注文の際に有効期限を定めておく注文方法のことです。期限満了まで注文した条件で自動的に発注し続け、期間内に約定すれば発注も終わります。取引条件や投資スタンスに合わせて期間を設定することができます。
逆指値注文
売買取引注文をするときに、その時点よりも悪い値段になった時に成立させることを目的に、売買値段を指定すること。その時のレートよりも高い値段になった時に買う、その時のレートよりも安い値段になった時に売る。これは相場の勢いに乗って売買する戦術や、「ストップ・ロス」などのようにある金額以上の損失にならないような仕切注文の際に使われる。
クロス取引
米ドルを介さない為替取引のこと。ユーロクロスと言えば、ユーロを中心にした取引 (「ユーロ・円」や「ユーロ・ポンド」など)を意味し、円クロスといえば円を絡めた取引(「ユーロ・円」や「ポンド・円」、「スイスフラン・円」など)を意味します。
さ行
差金決済
買いまたは売り建てたポジションを、反対売買し、その差金で行う決済。現物の受渡しを伴わない、差金の授受による反対売買を言います。
指値注文
売買注文を出すときに、あらかじめ指定したレートで売買を行なうこと。指値買いでは現在のレートよりも安い値段を、指値売りでは現在のレートよりも高い値段を指定します。
ショート
売りポジションを保有している状態。売り持ち。買い持ちはロング。
時間指定注文
時間指定注文とは、時間を設定し、指定時間になった時点で成行注文などを発注する方法です。週末や週明け月曜日のオープニングレートで売買を行いたい場合などに、時間を指定して注文することができます。
スクエア
外国為替取引で銀行が売りと買いの持ち高をイーブン、つまりゼロにすること。
ストップ・ロス
損失を一定のレベルに限定するための反対売買。相場が自分にとって不利な方向に動いた場合に、その損失を一定のレベルで抑えるために出しておく逆指値。
ストップロス・オーダー
それ以上の損失拡大を防ぐ目的の逆指値注文。
ストリーミング注文
リアルタイムで提示されているレートをクリックし、その瞬間でのレートで取引をおこなう注文。ストリーミング注文は、短期的な鞘取りを重ねていく投資家の方に向いている注文方法といえます。
スプレッド
ビッド・レート(買い値)とオファー・レート(売り値)の差のこと。たとえば為替レートが「120.15―17」の場合であれば、スプレッドは2銭ということになります。為替取引の顧客にとっては、実質的な取引コストとなります。
スリッページ
ストップ注文の成立時に生じる、指定したレートと実際に約定したレートとの差のことを言います。相場の急落/急騰など、市場状況により、このスリッページが大きくなる場合もあります。
スワップ
取引をした2通貨の金利差を表します。高金利の通貨を買い、低金利の通貨を売れば差引で受取になり、逆の場合は支払いになります。
スワップ金利
ロール・オーバーを行う際に発生する売買差損益。通貨間の金利差が反映される。 スワップポイントと同じ。
スワップポイント
取引をした2通貨の金利差をスワップといい、高金利の通貨を買い、低金利の通貨を売れば差引で金利を受け取り、逆の場合は支払うことになります。スワップポイントとは、その受け取り金利と支払い金利を1日・1万通貨当たりで示したものです。
た行
建玉
買い(売り)のポジションの事です。
ダイレクト成行注文
価格を指定しない注文で、注文発注後にレートの変動があった場合、注文が失効します。
ダン
取引成立。契約が成立したこと。
2way注文
2WAY注文とは、現在の為替レートの「売り」と「買い」の価格をリアルタイムに同時に提示し、すばやく発注する事が可能な新規成行注文方法の事を言います。売りたい人は「売り」、買いたい人は「買い」を選択することによって、選択された時点の価格が数秒間固定された状態になり、その時間内にクリックすると提示された取引価格で取引が成立します。
2Wayプライス
為替レートを表示する際に、買値(ビッド)と売値(オファー)の双方のプライスを提示すること。または提示されたプライス。たとえば、ドル/円取引で「1ドル=110.20-25」というように表示されている場合、ドルを買うときには110.25円、ドルを売るときには110.20円で取引がなされていることを意味する。
通貨オプション
通貨を売買する権利。通貨を買う権利のことをコール、売る権利のことをプットと呼びます。
通貨ペア
売買する通貨の組み合わせ。ドル円、ユーロドルなど。
デイトレード
同日内の売買でポジションをクローズすることです。「日計り売買」「イントラデイ・トレード」などと呼ぶこともあります。
トレール注文
逆指値注文に値幅指定機能を追加する注文です。 トレール指定で発注時レート(買注文では「買値(ASK)」、売注文では「売値(BID)」)からの値幅を指定します。買注文は、「発注時レート(+)トレール幅」が当初の逆指値価格となります。「買値(ASK)」がこの発注時レートを下回らない場合、逆指値は変動しませんが、発注時レートを下回ると下回った価格分、逆指値価格が引き下がります。売注文は、「発注時レート(-)トレール幅」が当初の逆指値価格となります。「売値(BID)」がこの発注時レートを超えない場合、逆指値価格は
な行
成行注文
リアルタイムに変動する実勢の為替レートで取引する注文方法です。今すぐ売買したいとき、ポジションを保有したいときに、現在の値段で売買を成立させます。
は行
必要証拠金
取引を行うために最低限必要となるお金の事をいいます。
ビッド
プライスを提示する側の買値のことです。提示された側はそのプライスで売ることになります。一方、プライスを提示する側の売値のことを、「オファー(Offer)」あるいは「アスク(Ask)」といいます。
ヘッジ
資産運用などにおいて、リスクを回避するために行なう投資のことをいいます。外債に投資をしている投資家であれば、円高傾向になると為替差損が生じることになりますから、先々にドル/円の為替レートがドル安円高になると予想される場合には、あらかじめ先物為替取引でドルを売っておくことがあります。
ポジション
現在保有中の通貨のことを指します。買い持ちの通貨のことを「買いポジション」、売り持ちの通貨のことを「売りポジション」ことをいいます。
ポジション調整
投資家が投資資金の分配を変更するために、持っているポジションを決済する買い(売り)注文のこと。経済指標の発表などのイベントがないときにわずかながら相場が変動した場合、ポジション調整の買い(売り)が出ているということがある。
ま行
マージンコール
評価損が拡大し保証金(マージン)の担保余力が減少した際に、保証金の追加注入を依頼するための通知、または保証金の追加注入を強制する制度のことをいいます。
や行
約定
売買が成立すること。売買が成立した日のことを約定日。
ら行
リーブ・オーダー
指値注文のこと。顧客が銀行などに、値段を指定して売り買いの注文を依頼し、預けてあるオーダーのこと。
両建て
証拠金取引や信用取引において、同じ銘柄の買いと売りを両方持つこと。両建てとなっている部分については、相場の変動による利益も損失も生じない。理論的には、両建てせずに決済した場合と結果は同じになる。インタバンク市場においては、常に売りと買いが相殺されるので両建ては存在しない。
レバレッジ
外国為替証拠金取引(FX)では、最初に外国為替証拠金取引(FX)業者に証拠金(保証金)を渡し、それを元手に、何倍もの価値のある通貨を買うという投資が可能です。例えば、レバレッジが50倍の場合、資金が10万円あるとすると、10万円×50倍=500万円の取引が可能になります。この取引金額と証拠金(保証金)の割合(倍数)をレバレッジと呼びます。ちなみに、この「レバレッジ」とは英語で「てこ」を意味します。
ロールオーバー
二つの通貨間の金利差に基づいて、取引の決済日を他の決済日に先送りする取引。
ロスカット
損切り(損失を確定させる決済取引)のことです。ロスカットルールを設けている会社では、損失額が口座内の資産、もしくは保証金額に対して一定の割合を超えて増加した際には、自動的に反対売買(決済)がなされます。
ロング
買いポジションを保有している状態。売り持ちはショート。
わ行
1クリック注文
「ワンクリック注文」とは、文字通り、取引画面上のボタンを1回クリックするだけで成行注文が発注される機能です。すぐに注文を出したいときにスピーディーに発注することが可能です。注文入力画面は表示されず、クリック=発注となるので注意が必要です。